パックSTRUCTURE DECK:STRUCTURE DECK−城之内編−

BEFORE:STRUCTURE DECK−遊戯編−(TFSP)
NEXT  :STRUCTURE DECK−海馬編−(TFSP)

  • 条件
  • 解説
    原作で城之内が使用したカードを中心に組まれたデッキ。
    戦士族とドラゴン族が中心だがデッキとしてのまとまりに欠ける。これらの種族のカードを補完したいならそれぞれのテーマデッキを購入した方がいいだろう。
    《ベビー・ドラゴン》とその融合先カードが全て揃うのは利点か。
  • 主なカード

収録カードリスト

※レアリティ無表記のカードはNormal

  • 解説
    《【】》デッキ。
  • 攻略
  • 合計4?枚+??枚
  • 上級??枚
  • 下級??枚
  • 魔法??枚
  • 罠??枚
  • エクストラ??枚

※上へ振り分け
※未チェック。50音、レアリティもまだ
《真紅眼の黒竜》
《ランドスターの剣士》 Super
《太陽の戦士》 Ultra?
《コマンド・ナイト》 Ultra?
《漆黒の豹戦士パンサーウォリアー》
《人造人間−サイコ・ショッカー》
《時の魔術師》
《格闘戦士アルティメーター》
《ワイバーンの戦士》
《ベビードラゴン》 ×2
《アックス・レイダー》
《ものマネ幻想師》
《ロケット戦士》
《鉄の騎士 ギア・フリード》
《隼の騎士》
《ゴブリン突撃部隊》
《カラテマン》
《クリッター》
《黒き森のウィッチ》
《ペンギン・ソルジャー》
《心眼の女神》 ×2
《スケープ・ゴート》
《デーモンの斧》
《強欲な壺》
《ハリケーン》 ×2
《融合》 ×2
《ブラック・ホール》
《天使のサイコロ》
《悪魔のサイコロ》
《落とし穴》 ×2
《鎖付きブーメラン》
《墓荒らし》
《リビングデッドの呼び声》
《砂塵の大竜巻》 ×2
《天使の手鏡》
《マジックアーム・シールド》
《千年竜》
《ドラゴンに乗るワイバーン》
《岩窟魔人オーガ・ロック》
《鎧蜥蜴》
《ガルーザス》
《タイガー・アックス》
《ミリス・レディエント》
《右手に盾を左手に剣を》
《ガイアパワー》
《融合賢者》
《抹殺の使徒》 ×2
《偽物のわな》 ×2
《血の代償》

※OCGの同盟パックとの差分

  • 通常モンスター(00種)
  • 効果モンスター(00種)
  • エクストラ(00種)
  • 魔法(00種)
  • 罠(00種)

Last-modified: 2015-03-17 (火) 20:27:12 (1038d)