龍可(るか)登場デュエリスト遊戯王5D's声:なし

龍可 妖精の贈り物

  • 特徴
  • 攻略
  • 小ネタ
    タッグだと必ず龍亞がパートナーになる
  • 出現条件
    最初から登場
  • パートナーパック
    パートナー不可

使用デッキ

  • お気に入り
  • パートナーデッキについて
    パートナー不可
  • デッキ1について
  • デッキ2について
  • デッキ3について
デッキ名レベルデッキ使用場所
妖精の森2難易度:デュエルはじめて
妹と兄4難易度:ルールは覚えた
妖精の贈り物6難易度:デュエルチャンピオン

ストーリー

無し

。。。以下コピー。編集して上へ。

龍可}(NO):登場デュエリスト:&sizex(3){声:寺崎裕香} &aname(le999583,super,full){†(るか)

  • 特徴
    シグナーの一人で、龍亞?の双子の妹。
    「デュエルモンスターズの精霊」の声を聞くことができる天才少女だが、それについて本人は否定している。
    アキ?からはプレイヤー共々「あなどれない相手」と評されている。

キャラ相性は龍亞?と同じく「シティ内陸部・沿岸部では概して受けが良く、旧サテライトでは嫌われやすい」という感じ。
ただ龍亞と違い、女性である分だけ相性の悪い人は少ない。ルチアーノの機嫌さえ良くするのは怖さを覚えるべきかも知れない。
今作から登場したキャラ・復帰したキャラと相性が良いわけではなく、その彼らと交流を深めている龍亞?とは少々差があるか。

  • イベント攻略
    チーム・5D'sキャラ中、唯一アニメ終盤とは無関係のシナリオ展開となっている。
    しかしTF4同様、異様にデッキの完成度が高い相手と戦うことになる。

ハート2イベント(対龍亞?不動遊星戦)は要注意。
なんと遊星はごく自然に&link_atwiki(1548908-card@www29,スターダスト・ドラゴン,target=blank)を召喚してくる。
どう考えてもイベントの流れに矛盾しているが、勘違いしてやけどしないように気をつけよう。

ハート3イベント(対加藤友紀紬紫戦)は、相手がD3でもトップレベルの二人なので注意すること。
両者ともに強力なデッキ(【戦士ビート】&【ガジェット】)を使用するペアなので、対策しておかないと為す術なく負けてしまう事も。

  • デッキについて
    パートナーデッキは&link_atwiki(1548908-card@www29,【シモッチバーン】,target=blank)を軸に原作で使用したカードやアイドルカードを混ぜたもの。
    元々デュエルシーンが極めて少なく、新カードが&link_atwiki(1548908-card@www29,アーマード・ホワイトベア,target=blank)位しか無いせいか、テーマの定まらない構築である。
    キーカードとなる&link_atwiki(1548908-card@www29,シモッチによる副作用,target=blank)をサーチする手段が無く、ロックカードによる足止めも無いのは厳しい。
    組んだ際にプレイングを縛られないのは有難いが、&link_atwiki(1548908-card@www29,【シモッチバーン】,target=blank)の本領を発揮できず終了することも多い。
    いずれにせよに安定した強さとは言い難く、マーサ?に頼んで早急に編集してしまうのも手だろう。

お気に入りカードはたったの3枚(エクストラデッキ込みで6枚)で、D1キャラの中でもデッキ編集の自由度は高いが、&link_atwiki(1548908-card@www29,クリボン,target=blank)が曲者。
デッキにフル投入されているものの、&link_atwiki(1548908-card@www29,【シモッチバーン】,target=blank)以外では効果を活かし辛く、手札でだぶつき死に札となる事もしばしば。
しかもピンチの際には自ら優先して召喚するため、&link_atwiki(1548908-card@www29,クリボン,target=blank)を無視した構築も難しい。
&link_atwiki(1548908-card@www29,【シモッチバーン】,target=blank)に特化しないのであれば、如何にしてこのカードを活用するかが重要となる。

カードが揃っているならば、近年大きく強化された&link_atwiki(1548908-card@www29,【宣告者】,target=blank)に組み替えてみても良い。
&link_atwiki(1548908-card@www29,クリボン,target=blank)を比較的有効に、手札コストとして利用してくれるだろう。
また「場に残りにくく、手札に温存しやすい」という性質から&link_atwiki(1548908-card@www29,神の居城ヴァルハラ,target=blank)や&link_atwiki(1548908-card@www29,コート・オブ・ジャスティス,target=blank)の発動条件を満たしやすい。
天使族を中心に組めば&link_atwiki(1548908-card@www29,クリボン,target=blank)が足枷になる場面も減るだろう。

CPUはあらゆる場所から&link_atwiki(1548908-card@www29,魔轟神獣ケルベラル,target=blank)を特殊召喚し、☆4魔轟神獣のシンクロ召喚を狙うなど、原作とは大きく異なる立ち回りを見せる。
原作とは異なり&link_atwiki(1548908-card@www29,アーマード・ホワイトベア,target=blank)のリクルート対象に☆4魔轟神獣
が含まれているため、デッキが回れば中々の活躍を見せる。
ただし&link_atwiki(1548908-card@www29,魔轟神獣ユニコール,target=blank)はCPUが手札の枚数を調整しようとせず、&link_atwiki(1548908-card@www29,魔轟神獣クタベ,target=blank)は手札に腐りがちな&link_atwiki(1548908-card@www29,クリボン,target=blank)と相性が悪いので注意。
&link_atwiki(1548908-card@www29,魔轟神獣ケルベラル,target=blank)と相性が良いカードとしては&link_atwiki(1548908-card@www29,THE トリッキー,target=blank)が有望、
召喚権を消費せず&link_atwiki(1548908-card@www29,エンシェント・フェアリー・ドラゴン,target=blank)をシンクロ召喚する事ができる。

高レベルデッキは、&link_atwiki(1548908-card@www29,エンシェント・ホーリー・ワイバーン,target=blank)を切り札に据えた&link_atwiki(1548908-card@www29,【キュアバーン】,target=blank)デッキ。

なお、禁止カードを解放した際に使うデッキは、弱点を完全に克服した&link_atwiki(1548908-card@www29,【シモッチバーン】,target=blank)。
前作同様デッキレベルが最高であり、&link_atwiki(1548908-card@www29,いたずら好きの双子悪魔,target=blank)や&link_atwiki(1548908-card@www29,強奪,target=blank)により、相手の手札を根こそぎ奪っていく鬼畜ぶりを見せる。
他のチーム・5D'sの禁止デッキはキャラに合わせた作りになっているが、龍可の禁止デッキには&link_atwiki(1548908-card@www29,エンシェント・フェアリー・ドラゴン,target=blank)どころか&link_atwiki(1548908-card@www29,クリボン,target=blank)すら入っていない。
代わりにライフ半減効果を持つ&link_atwiki(1548908-card@www29,時械神ミチオン,target=blank)が投入されるなど、極限まで勝ちに徹したデッキとなっている。

  • 主な出没地点
    シティ内陸部:朝、夕
    シティ沿岸部:朝、夕
  • 出現条件
    最初から登場。
    クリア後ミスティ・ローラ(NO)?が出現する。
    アポリアゾーンルチアーノディマク?出現のためにクリア必須なキャラの一人。
    3人のキャラクターをクリアすると龍可(DA)?が出現する。
  • パートナーパック
    しっかりカギをかけまショウ(P)TF6?
    バーニング許可局(P)TF6?
    純白の使者(P)TF6?
    聖レボリューション(P)TF6?
  • お気に入り
    &link_atwiki(1548908-card@www29,クリボン,target=blank) ×3
    &link_atwiki(1548908-card@www29,エンシェント・フェアリー・ドラゴン,target=blank) ×3
  • 使用デッキ
    デッキ名レベルデッキ使用場所
    エンシェント・ホーリネス?5パートナー、2周目以降ランダム、イベント
    エンシェント・ノーブルネス?41周目、2周目以降ランダム、イベント
    エンシェント・マジェスティー?62周目以降ランダム、イベント
    エンシェント・ディグニティ?10禁止・制限解除

Last-modified: 2018-01-17 (水) 22:09:28 (128d)