孔雀舞(くじゃくまい)登場デュエリスト遊戯王DM声:七緒はるひ

  • 特徴
    原作及びアニメDMの「王国編」から「バトルシティ編」にかけて登場し、アニメオリジナル「ドーマ編」でも重要キャラとして登場した女性デュエリスト。
    漫画・アニメではデュエルで賞金を稼ぐことを生業としているという設定であり、本作の公式サイトやデュエリスト名鑑でも「賞金稼ぎのデュエリスト」と書かれているのだが、なぜかパートナーの中で一人だけ職業が「その他」扱いされている。
    彼女は素直に「デュエリスト」もしくは「賞金稼ぎ」で良かったのでは?
    なお声優はDMの時と名義が変わっているだけでDMの時の寺田はるひ氏と同一人物である。
    原作で使用したオレイカルコスは使用しない
  • 攻略
    舞シナリオは原作では深く描写されなかった城之内との関係を元にしたシナリオになっている。
    果たして今回で決着なるか?
  • 小ネタ
  • 出現条件
    DMキャラを一人攻略
  • パートナーパック

使用デッキ

  • お気に入り
    《ハーピィ・レディ三姉妹》 ×1
    《万華鏡−華麗なる分身−》 ×2
  • パートナーデッキについて
    使用デッキはやはり本家本元だけに《【ハーピィ】》であり、パートナーデッキは最初からほとんどの関連カードが揃っている完成度の高いデッキになっている。こちらも当然組むなら《【ハーピィ】》がいいだろう。
    本作の攻略本に付属している《ハーピィ・ハーピスト》も収録されており、パスワードでダウンロードでき、ストラクチャーデッキ「烈風の覇者」である程度のパーツが揃うため比較的組みやすい。
    あとは関連カードを揃えていくだけで強力なデッキとなる。特に《守護神の矛》や《継承の印》はタッグデュエルならより高い効果を期待できる。

    ただし、今作のAIは鳥獣族の切り札《ゴットバードアタック》を無駄遣いしたり、変な手順で展開したりなど不安要素が大きい。
    またディスティニードローに指定されている《ハーピィ・レディ −鳳凰の陣−》はデメリットの大きさや発動条件から使用タイミングが限られやすく、CPUに持たせるには不安が残るカードである。
    他にも《ハーピィ・レディ3》や《ハーピィ・レディ2》も《【ハーピィ】》ではあまり重要視されないカードであったり、ランク7のエクシーズを採用しないなら《ハーピィズペット竜》も事故要因であり、並べたハーピィをリリースされてしまう可能性もある。
    これらを削って舞のパートナーデッキには入っていない《継承の印》や《ハーピィ・ハーピスト》などを追加していくといい。
  • デッキ1について
  • デッキ2について
  • デッキ3について
デッキ名レベルデッキ使用場所
ヒステリック・ハーピィ7使用時:パートナーデッキ
強気女性たち4難易度:デュエルはじめて
戦闘民族アマゾネス5難易度:ルールは覚えた
アロマ・タクティクス7難易度:デュエルチャンピオン

ストーリー

発生時期相手
ハート1武藤双六武藤遊戯
ハート2真崎杏子青葉あげは
ハート3獏良了御伽龍児
ハート4城之内克也本田ヒロト

Last-modified: 2018-01-26 (金) 22:04:29 (319d)