闇遊戯(やみゆうぎ)登場デュエリスト遊戯王DM声:鯨井康介

  • 特徴
    武藤遊戯が千年パズルを完成させた事によって、遊戯の心の中に宿る事になった、もう一人の遊戯。
    「闇のゲーム」で悪を裁き、敗北者に罰ゲームを科す。
    武藤遊戯の事は「相棒」と呼んでいる。
    あらゆるゲームの達人で、後の世に伝説として知られる最高峰のデュエリスト。
    《ブラック・マジシャン》デッキの使い手。
    今作には《永遠の魂》が存在しない。
    ストーリーは、原作の王国編に相当。
    ペガサス・J・クロフォードに魂を封印された武藤双六を救う為、決闘者の王国(デュエリスト・キングダム)で開催されるタッグデュエル大会に挑む。
    本作での声優はアニメ「DM」で声を担当していた風間俊介氏ではない。
  • 攻略
  • 小ネタ
    今回は《狂戦士の魂》に専用のセリフが用意されている。アニメ版とは性能や担当声優が違っているのが少し残念だが、是非弱昆虫野郎に。
  • 出現条件
    最初から登場
  • パートナーパック

使用デッキ

  • お気に入り
    《ブラック・マジシャン》 ×2
    《クリボー》 ×1
  • パートナーデッキについて
    初期コンセプトは《ブラック・マジシャン》と、召喚サポートである《熟練の黒魔術師》などを採用した《【ビートダウン】》。ストーリーは王国編だが、《オシリスの天空竜》も1枚所持している。
    折角お気に入り指定されているのだから専用サポート山盛りの《【ブラック・マジシャン】》でもいいが、ライフポイントを半分支払ってしまう《黒魔術のカーテン》など使い辛いものもあるので採用カードはしっかり吟味したい。
    《拡散する波動》《ディメンション・マジック》《黒魔族復活の棺》《ブラック・イリュージョン》などの存在から、自然と《【魔法使い族】》への改造案が浮かぶことだろう。
    カオスモンスターも最初から搭載済みなのだし、《【カオス】》を意識して《エフェクト・ヴェーラー》《ライトロード・マジシャン ライラ》《アーカナイト・マジシャン》など汎用性の高い光属性魔法使い族を入れるのもいい。
  • デッキ1について
  • デッキ2について
  • デッキ3について
デッキ名レベルデッキ使用場所
決闘王の記憶−結束編−9使用時:パートナーデッキ
決闘王の記憶−始動編−4難易度:デュエルはじめて
伝説の騎士6難易度:ルールは覚えた
混沌を制すもの8難易度:デュエルチャンピオン

ストーリー

特殊タッグセリフ

  • 海馬瀬人
    オレのパートナーは…
    海馬、共に闘おう!
  • 城之内克也
    オレのパートナーは…
    城之内くん、一緒に闘おう!
  • 真崎杏子
    オレのパートナーは…
    杏子、力を貸してくれ

Last-modified: 2018-09-14 (金) 10:15:51 (94d)