タイタン:登場デュエリスト遊戯王GX声:なし

  • 特徴
  • 攻略
  • 小ネタ
    闇デュエル大会で司会やっている
  • 出現条件
    最初から登場
  • パートナーパック
    パートナー不可

使用デッキ

  • お気に入り
  • パートナーデッキについて
    パートナー不可
  • デッキ1について
  • デッキ2について
  • デッキ3について
デッキ名レベルデッキ使用場所
魔界からの脅威3難易度:デュエルはじめて
魔界からの恐怖5難易度:ルールは覚えた
魔界からの闇7難易度:デュエルチャンピオン

ストーリー

無し

。。。以下コピー

タイタン(セブンスターズ):登場デュエリスト:&sizex(3){声:若本規夫} &aname(pbbe933e,super,full){†};

さて…闇のデュエリストとして
ふさわしい人間はいるかなぁ?

  • 特徴
    本当の闇のデュエリストになって再登場した、セブンスターズVerのタイタン。
    しかし今作ではこちらのタイタンもインチキな事がEDにて判明。
    プレイヤーの寝る時間に関して文句らしい文句を言わない、意外と融通の利く一面も。

パートナーデッキは、&link_atwiki(1548908-card@www29,デーモンズ・マタドール,target=blank)の儀式&儀式サポートと、「デーモン」と名の付くカードの混成デッキ。
フィールド魔法が&link_atwiki(1548908-card@www29,ダーク・アリーナ,target=blank)で、&link_atwiki(1548908-card@www29,万魔殿−悪魔の巣窟−,target=blank)を中心とする【デーモン】デッキではない為、
チェスの駒の名が付いたチェスデーモンたちはいない。

&link_atwiki(1548908-card@www29,高等儀式術,target=blank)用の弱小通常モンスターが少数いるのはやむを得ないが、&link_atwiki(1548908-card@www29,マンジュ・ゴッド,target=blank)、&link_atwiki(1548908-card@www29,センジュ・ゴッド,target=blank)、&link_atwiki(1548908-card@www29,ソニックバード,target=blank)と
半ば無駄なほど儀式サポートに枠を割いている。
&link_atwiki(1548908-card@www29,ミストデーモン,target=blank)の妥協召喚を好んでデメリットを被ることも多く、まともな下級戦力は攻撃1900のバニラ、&link_atwiki(1548908-card@www29,デーモン・ソルジャー,target=blank)のみと言って差し支えない。
上級通常モンスターも、攻撃力2500の&link_atwiki(1548908-card@www29,デーモンの召喚,target=blank)が選ばれていて欲しい所だが、2400の&link_atwiki(1548908-card@www29,タルワール・デーモン,target=blank)が上限。
肝心のエースモンスター・&link_atwiki(1548908-card@www29,デーモンズ・マタドール,target=blank)は効果を使う気が無いかのごとく、守備表示で出す。
もう1つのお気に入りカード・&link_atwiki(1548908-card@www29,ダーク・アリーナ,target=blank)は、当然CPUが適材適所に使えるわけも無く、こちらが不利になる状況もしばしば。
個々のカードが弱い分、天上院明日香(B)?以上に爆発力・安定感が無いパートナーである。

パートナーデッキの改造では、2つのお気に入りを無視するか、なんとか使う気かで、大きくその志向を変える事になるだろう。
&link_atwiki(1548908-card@www29,ダーク・アリーナ,target=blank)を外せない時点で、万魔殿を必須とする【デーモン】は難しいのだが、【デーモンシンクロ】はまだ望み得る。
&link_atwiki(1548908-card@www29,堕落,target=blank)と&link_atwiki(1548908-card@www29,デーモンの雄叫び,target=blank)をシンクロ素材稼ぎのサポートとして、&link_atwiki(1548908-card@www29,レッド・デーモンズ・ドラゴン,target=blank)や&link_atwiki(1548908-card@www29,メンタルスフィア・デーモン,target=blank)を召喚する路線だ。
手札で腐った&link_atwiki(1548908-card@www29,デーモンズ・マタドール,target=blank)も、&link_atwiki(1548908-card@www29,魔轟神レイヴン,target=blank)の手札コストに使ってくれるかも知れない希望がある。
もちろん、手札コストで幅広い除去をする&link_atwiki(1548908-card@www29,サンダー・ブレイク,target=blank)も採用したい。
ただし、&link_atwiki(1548908-card@www29,レッド・デーモンズ・ドラゴン,target=blank)と&link_atwiki(1548908-card@www29,デーモンズ・マタドール,target=blank)の相性は極めて悪いので、採用するなら&link_atwiki(1548908-card@www29,メンタルスフィア・デーモン,target=blank)のみにしたい。
また、&link_atwiki(1548908-card@www29,魔轟神レイヴン,target=blank)もCPUはうまく使いこなせないので注意が必要。

なんとかお気に入りを活かしたいなら、特性としては悪魔族ビートダウンより【ロックバーン】での壁として働ける両カードである。
といっても、やはり枠を圧迫している&link_atwiki(1548908-card@www29,センジュ・ゴッド,target=blank)と&link_atwiki(1548908-card@www29,ソニックバード,target=blank)は、大きく削った方が良い。
そして他は知らず、制限カードの&link_atwiki(1548908-card@www29,高等儀式術,target=blank)だけはプレイヤーも持ち、場のトスで渡しても悪くないはずだ。

あるいは、&link_atwiki(1548908-card@www29,軍神ガープ,target=blank)や&link_atwiki(1548908-card@www29,最終突撃命令,target=blank)等を用いて、相手モンスターを根こそぎ破壊していく戦法を取るのもオススメ。
これらのカードと好相性の&link_atwiki(1548908-card@www29,スカブ・スカーナイト,target=blank)も採用圏内。&link_atwiki(1548908-card@www29,増援,target=blank)でサーチ可能なのは強みだ。
マタドールもスカブも戦士族なので、&link_atwiki(1548908-card@www29,悪夢再び,target=blank)と&link_atwiki(1548908-card@www29,戦士の生還,target=blank)は、他のモンスターと相談して差し替えたい。

パートナーデッキに入ってる&link_atwiki(1548908-card@www29,デーモンの宣告,target=blank)は、発動するだけ発動して効果を使用しない。
&link_atwiki(1548908-card@www29,ゾンビキャリア,target=blank)を使うなどして自分が使用していきたい。

  • 出現条件
    マップ・パートナー:ストーリーモードを1キャラ以上クリア
    タイタン(7)をクリアで、タイタン(D)?がパートナー可能へ。
  • お気に入り
    &link_atwiki(1548908-card@www29,ダーク・アリーナ,target=blank)×3
    &link_atwiki(1548908-card@www29,デーモンズ・マタドール,target=blank)×3
  • 使用デッキ
    デッキ名レベルデッキ使用場所
    真・闇のデュエル ノーマル?3パートナーデッキ、1周目、2周目以降の前半
    真・闇のデュエル プレミアム?42周目以降後半
    絶・闇のデュエル?8禁止・制限解除

Last-modified: 2018-02-11 (日) 11:33:30 (251d)